カレー

カレーを辛くする調味料が激ウマでビビったのでこっそり伝授

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは♪
 
辛いカレーって美味しいですよね。
 
でも、辛くておいしいカレーって、なかなかお目にかかれないと思いませんか?
 
特に、市販のカレールーを使って作る自宅のカレーやレトルトカレーだと、かなり難しいですよね。
 
私も、市販のカレーやレトルトカレーを結構食べるので、この点は身をもって体感しています。
 
(時間があるときに、カレーをまとめて作り置きしておくと、結構便利なので・・・w)
 
ただ、そこまで料理をたくさんするわけではないので、イチから自分好みのカレーを作るなんて、まず無理なんです。
 
かといって、市販のカレールーやレトルトでは、イマイチ刺激が足りなくて物足りなさを感じてしまいます。
 
ぶっちゃけ、辛味だけを足すだけなら、比較的簡単にできるんです。
 
私も、昔は色んな調味料をカレーにちょい足しして、おうちカレーを旨辛にする方法を探していた時期があったんです。
 
マジで、盛らずに50通り以上は試したと思います。
 
もちろん、カレー本来の辛味や香りを損なってしまったりして、旨辛なカレーに仕上がらないことも多数・・・。
 
ただ私は、そこで諦めずに、執念深くいろんな調味料やスパイスをかけては、旨辛カレーになる組み合わせを探し続けました。
 
(食べ物に関しては執念深いんです。私w)
 
でもその甲斐あって、今では、カレーを旨辛にアレンジする方法についてはバッチリです!
 
そこで本記事では、そんな私が見つけたオススメのカレーを辛くする方法をご紹介していきます。
 
「市販のカレーの辛さでは満足できない!」
 
「もっと刺激が欲しい!」
 
旨辛好きのあなたもきっと好きになる、アレンジ方法が満載です。

スポンサーリンク

カレーを辛くする方法で手軽なのは?

まずは、カレーを辛くする方法【初級編】です。
 
こちらでは、手軽さ重視の方法をいくつかピックアップしてみました。
 
自宅にあるもので簡単にカレーを辛くしたいという方に、ピッタリの方法です。
 
どこでも手に入るような一般的な調味料を使ったアレンジ方法になります。
 
わざわざお店に買いに行かなくても、すでに家にあるという方も多いでしょう。
 
それくらい一般的な調味料を、まずはピックアップしてみました。
 
さて、具体的な方法をご紹介する前に、私の好きな辛さレベルについて少しだけお話ししますね。
 
私自身も、辛いものは大好きなのですが、超激辛なお料理はまだ食べられません。
 
辛いものをいただくときも、あくまで常識的な範囲の辛さで楽しんでいます。
 
例えば、ココイチのカレーだと、6辛~7辛くらいがちょうどいいです。
 
私がお家でカレーを食べるときは、ココイチの6、7辛くらいの辛さになるように、アレンジをしている形になります。
 
(ちなみに、我が家のおうちカレーは、かれこれ10年以上「ジャワカレー中辛」です)
 
なので、普段ココイチを2辛や3辛くらいで召し上がる方にとっては、これからご紹介する、ちょい足しの目安量は辛すぎるかもしれません。
 
逆に、10辛を余裕で召し上がる方にとっては、全然辛さが足りないと感じられると思います。

 
一応、人によって辛さの感じ方は違うので、念のためお話ししてみました。
 
ご自分に合った辛さを探す際の参考にしていただければと思います。
 

実は王道!一味唐辛子


 
まず手軽でオススメなのが、一味唐辛子をカレーに振りかけるという方法です。
 
一見、カレーに唐辛子は合わないように思われるかもしれません。
 
でも実は、カレーにも唐辛子の辛味が使われているんです。
 
なので、唐辛子でカレーに辛さを足すのは、ある意味 王道の方法と言えます。
 
じんわりと口に広がる辛さを、簡単にプラスすることができますよ。
 
私も、パパっと手軽にカレーを辛くしたいときは、一味唐辛子にお世話になることが多いです。
 
七味唐辛子だと、山椒など他の香辛料の香りがプラスされて、カレーの味とケンカしてしまいます。
(私の実体験ですw)
 
そのため、唐辛子でカレーに辛味を足す場合は、一味唐辛子をオススメしますよ。

ピリッとした刺激をプラス!黒こしょう


 
次にオススメなのが、黒こしょうです。
 
できれば、あらびきの黒こしょうがいいですね。
 
理由としては、ラーメンコショーのような粉末に近いものだと、ガリッと噛んだ時のこしょうならではの刺激が味わいづらいんです。
 
唐辛子とはまた違う、ピリッとした刺激が、カレーの辛さに奥深さと深みを足してくれます。
 
また、先ほどご紹介した、一味唐辛子をかけたカレーに黒こしょうをプラスするという方法もオススメです。
 
辛くなりすぎないよう、両方の分量には注意が必要ですが、タイプの違う辛味がカレーをワンランクレベルアップさせてくれます。
 
ちなみに私の場合は、中辛カレー1皿に対して、一味唐辛子を10振り、黒こしょうを7~8振り程かけるのが好きです。
 
こちらについては、お好みの量を探してみていただくのも面白いと思いますよ。

おうちカレーを激辛にしたい!


 

さてお次は、「自宅のカレーをとにかく辛くしたい!」という方に向けたのお話です。
 
市販のカレーじゃ全然辛さが足りない!
 
一般的な市販のカレーを激辛レベルにまで辛くしようとすると、普通のスパイスでは大量に使わなければいけませんよね。
 
なので、そういう方は、とびっきりの激辛スパイスを使ってみてはいかがでしょうか?
 
汗をダラダラかいて、ヒーヒー言いながら食べるカレーが好き!という方は必見ですよ。

鮮烈な辛みがクセになる!黄金一味

こちらは、パッケージにも書かれている通り、「日本一辛い一味唐辛子」になります。
 
TBS系『マツコの知らない世界』の【旨辛グルメの世界】の回でも紹介されていた、筋金入りの激辛一味です。
 
この黄金一味の特徴は、「料理の味や風味を変えずに、辛さだけを増す」という点です。
 
そのため、どんな料理とも相性がよく、もちろんカレーにかけてもバッチリ!
 
きりっと引き締まるような爽やかな辛さが足されて、スキッと辛くて美味しいカレーに仕上がりますよ。
 
私も使ってみたことがあるのですが、とても潔い辛さをしています。
 
口に入れた瞬間、ビリビリッと鮮烈な辛さを感じるのですが、飲み込んだ後はふわっと辛さが消えるんです。
 
イヤな辛さが残らなくて、ハマる方が続出中のオススメ一味となっています。

スポンサーリンク

激辛唐辛子の定番!カイエンペッパー

こちらは、知る人ぞ知る激辛唐辛子の粉末スパイスになります。
 
日本テレビ『有吉ゼミ』の激辛企画で、毎回のように登場するアイツです。
 
私の個人的な感覚ですが、ハバネロパウダーよりも、こちらの方が色んな料理に使いやすい印象があります。
 
ハバネロパウダーの方が、パウダー自体に香りや風味がしっかりあるんですよね。
 
そのため、お料理によっては香りや風味がケンカしてしまうことがあります。
 
その点、カイエンペッパーの方が、純粋に辛味を足してくれる印象で、カレーに合わせても風味を邪魔しないんです。
 
少量でもかなりしっかり辛味が足されますし、蓄積していくタイプの辛さなので、マジで入れすぎ注意ですよ。
 
「もうちょっと振りかけてもイイかな?」くらいでも、食べ進めるにつれてどんどん辛くなってきますから。
 
我こそは!という激辛好きの方、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

スパイスの香りも楽しみたい!


最後にご紹介するのは、芳醇なスパイスの香りと辛さを楽しみたいという方に向けてのお話です。
 
こちらは、レトルトカレーを良く召し上がる方にオススメの方法となっています。
 
自炊する余裕がない時に便利なレトルトカレーですが、週1とかそれ以上のペースで食べていると、マンネリ化してしまいますよね。
 
かといって、自宅に多種多様なスパイスを買いそろえるわけにもいかないじゃないですか。
 
そこでおすすめなのが、カレーに振りかけるだけで、雰囲気をガラッと変えてくれるスパイスを使うという方法なんです。
 

多様なスパイスが香る!ガラムマサラ

 

ガラムマサラは、主にミックススパイスを指す言葉です。
 
香りをかいでみると分かりますが、まさにカレーの香りがしますよ。
 
似た調味料として「カレー粉」というものも存在しますが、ガラムマサラの方がよりスパイシーな香りというイメージです。
 
カレー粉を使うと、万人受けする定番のカレー味、ガラムマサラを使うとワンランク上のスパイシーな風味を楽しめますね。
 
そのため、おうちカレーやレトルトカレーにちょい足しをするのであれば、断然ガラムマサラの方がオススメです。
 
ちなみにですが、多くのカレーには、このガラムマサラがすでに入っています。

 
ただ、その量やバランスによって、スパイス感の強さや辛さが変わってくるんです。
 
ガラムマサラは、辛さを足すというよりは、風味や香りをプラスするものという印象が強いとされています。
 
そのため、ガラムマサラを多く使うほど、本場のスパイシーなカレーに近づいていきますよ。
 
中でもGABANさんのガラムマサラが私的にはオススメです。
 
いうなれば、日本人好みの味とスパイシーな本場のカレーのちょうど中間なイメージなんですよね。
 
いつものカレーにパパっと振りかけることで、スパイシーな香りと深みが一気に増します。
 
それでいて、体の内側からカッカするような辛味も加わるので、いつものカレーがかなり美味しくなりますよ。
 

私のイチオシ!ガラムマサラ+黄金一味

 

最後に、マイベスト・辛味アップの方法をご紹介しますね。
 
それが、ガラムマサラと黄金一味の合わせ技!
 
ガラムマサラで芳醇なスパイスの香りをプラスし、カレーに奥深さを与えます。
 
そして、ガラムマサラでは補いきれない辛味の部分を、黄金一味で補強する感じです。
 
私的には、この組み合わせが最強でした!
 
辛いけどうまい!という、憧れの本格カレーが簡単に自宅で再現できちゃいます。
 
辛さを強くしてみたり、逆にスパイシーさを追及したりと、自分好みにカスタムしやすい点もオススメです。
 
私自身、かれこれ何年も、この組み合わせで自宅カレーをレベルアップさせて楽しんでいます。
 
ちなみに私は、中辛カレー1皿に対して、黄金一味を2~3振り、ガラムマサラを3~4振りくらいで食べています。
 
辛さとスパイスの香りが口いっぱいに満たされるので、ハフハフしながら食べると、ほんとに最高です!
 
ただ、私のおうちカレーは「ジャワカレー中辛」なので、ご使用のカレールーによってかける量を変えていただく方がいいです。
 
鮮烈な辛さと芳醇なスパイスの香りを手軽にプラスできるこの組み合わせ。
 
私のイチオシです!

まとめ

今回は、カレーを辛くする方法をまとめてみました。
 
自宅のカレーで毎回少しだけ物足りない思いをしていたあなた。
 
安心してください。
 
辛くて旨い本格カレーは意外と簡単にできちゃうんです。
 
今回ご紹介した方法は、50パターン以上の調味料をちょい足しした中から厳選したオススメのアレンジになります。
 

作り置きのカレーや、いつものレトルトカレーも、お好みの旨辛へ簡単にアレンジが可能です。

 
しかも、いつものおうちカレーを簡単にお好みのスパイシー具合にできる手軽さもいいですよね。
 
私のように、普段そんなにお料理をしないタイプでも、百発百中でお好みの旨辛カレーを楽しむことができます。
 
とにかく辛さに特化したカレーを作るもよし。
 
スパイスを利かせた香り豊かなカレーに仕上げるもよし。
 
辛さもスパイスもMAXの刺激的なカレーにするもよし。
 
おうちカレーを自分好みの味にカスタマイズするのは、とっても楽しいですよ。
 
今回ご紹介した方法の中に、あなたにばっちりハマる旨辛アレンジ方法がきっとあるはずです。
 
ぜひお気に入りのスパイスを見つけて、旨辛カレーを手軽に楽しんじゃいましょう!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!

まだデータがありません。

  最近の投稿はこちら
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

ブログランキングに参加しております!
クリック、大変喜びます♪

人気ブログランキング

提携サイトさま♪

Trip-Partner さま

ぷらたび さま