韓国料理

モランボンのチャプチェの素は材料シンプル&作り方簡単で激ウマ!リピート必至のそのうまさを徹底リポート!

こんにちは~
 
今回は、【食べてみた】シリーズですね♪
 
みなさんはチャプチェって食べたことありますか?
 
私、今回初めて食べたんですけど、めっちゃおいしいんですよね!
 
韓国料理に分類されるチャプチェですが、
韓国料理特有の辛味はそこまでなくって、
子どもでも食べやすい、ご飯に超絶ピッタリな一品♪
 
なんで今まで食べたことなかったんだ~ と後悔するくらいでしたw
 
実は私、
今回美味しいチャプチェの素があると聞き、
人生初チャプチェをいただいたのですが、
 
これが聞いていた通り、いや、それ以上のおいしさで!
 
今回はその時のお話を
写真盛りだくさんでお届けしますね~♪

スポンサーリンク

モランボンのチャプチェの素は材料がシンプルで作り方も簡単♪

今回購入したのがこちら!
 
モランボンさんの【チャプチェの素】です!
 

 
こちら、
オススメしてくれた知り合いいわく、
 
 
市販されてるチャプチェの素で一番おいしい!
 
↑とのことだったので、
なんとかこの商品を探し回って、やっと見つけてきたんですよw
 
(執念の勝利ですねw)
 
パッケージにも書かれている通り、
お肉とピーマンがあれば本格チャプチェが簡単に作れるとあって、
結構な人気商品みたいです。
 
さっそく開封すると、中身はこんな感じ~
 

 
めっちゃシンプルw
 
チャプチェといえば!の春雨と、
合わせ調味料ですね
 
では、作っていきましょう!
 
まずはフライパンにごま油を入れ、熱します。
 

 
フライパンが温まったら、お肉を投入!
 
 
今回は、豚こま肉を使いました~
 
(スーパー行ったらセールをやってたもんでw)
 
豚肉でなくても、牛肉を使ってもおいしく作れるそうですよ
 
しばらくは、お肉をじゃかじゃか炒めます
 
 
お肉にしっかり火が通ったら、
合わせ調味料と、お水150ccを入れます
 
 
合わせ調味料には、タケノコやニンジン、シイタケなどの具材が結構しっかり入っていて、何より香りがめっちゃいいんです!
 
パンチの効いた食欲をそそるピリ辛ダレの香りが、台所中に立ち込めて・・・♪
 
調理中に思わず深呼吸ですよw
 
体中の空気を入れ替えるほどの大きな深呼吸をしつつ、
お肉全体に味がいきわたるように炒めていきます。
 
そして、ここで春雨も投入!
 
 
春雨の色が変わってきたら、
最後にピーマンを入れて、ざっと全体をなじませます
 
 
↑こんな感じで、フライパンの中の水分が飛んだら完成!
 
【チャプチェ】です!
 
 
あw 忘れてたw
 
ほいっ ごはん!
 
 
とにかくごはんが進むとのことだったので、
大盛りもりもりご飯を用意しましたw
 
では、いよいよ実食です!

スポンサーリンク

モランボンのチャプチェがとにかくうまい!

ではさっそく、いただきます!
 

 
問答無用のオンザライスw
 
 
・・・www(笑みがこぼれる)
 
これ、すごいっすねw
 
知り合いが「マジで、お店レベルだから!」と激推しするのもわかります
 
完成度がものすごいですw
 
にんにくの効いた旨辛タレがお肉やお野菜にしみこんでいて、
 
そして、
この世のうまみをすべて吸い込んだかのようなうまさの春雨!
 
唐辛子的な辛さはほとんど感じませんが、
黒胡椒が効いていて、スパイシーな味わいもまたご飯を加速させますw
 
オススメちょい足し食材のキムチも乗せて。。。
 
 
ご飯との相性が暴走しますw
 
もりもりに盛った大盛りご飯が一瞬で消えますよw
 
いや~
思ってた以上においしかったですね!

 

ごちそうさまでした~

まとめ

今回はモランボンさんのチャプチェの素をいただきました♪
 
美味しかった~!
 
我が家の常備調味料の仲間入り決定ですねw
 
こんな記事もオススメ!
 
辛麺や桝本のお取り寄せに初挑戦!宮崎発症のご当地麺のインスタントが通販で手軽に手に入る!これがリピート必至のうまさだったw
 

辛麺や桝本のお取り寄せに初挑戦!宮崎発症のご当地麺のインスタントが通販で手軽に手に入る!これがリピート必至のうまさだったw


 
↑こちらも、食べてみたシリーズ屈指のヒット作でした♪
是非合わせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿はこちら
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

ブログランキングに参加しております!
クリック、大変喜びます♪

人気ブログランキング

提携サイトさま♪

Trip-Partner さま

ぷらたび さま