糖質制限中でも食べられる!シリーズ

松屋で糖質制限ランチ!ご飯をお豆腐に変えてあっさりいただくお肉が思った以上にうまかったw

こんにちは~
 
今回は、糖質制限中でも食べられる外食チェーン店のご飯をご紹介していきますね♪
 
私事ですが、
現在、人生史上最大級にガチめなダイエットに励んでおりまして、
がっつりパーソナルトレーナーさんをつけて日々トレーニングを行ってるんです
 
んで、その関係で糖質制限も行っているんですね。
 
今まで糖質制限とか考えたこともなかったのですが、
(考えてたら食べ歩きブログなんてしてないですしw)
 
糖質制限中ってどうしても食べられるものが限られてくるのですが、
そんな中でも意外と食べられるものがあることに気づいてきたんです。
 
ということで、ここからしばらくの間は、
ダイエット期間中に見つけた、糖質制限中でも食べられるオススメの外食をシリーズでご紹介していきたいと思います!
 
トレーナーさんに伺った、糖質制限への役立ち度を表す"おすすめ度"も一緒に載せてますのでご参考にどうぞです♪
 
ということで、今回ご紹介するのはこちら!
 
【豚肩ロース定食】(松屋)です!
 

 
オススメ度合い

コスパ ★★
おいしさ ★★★
ボリューム感 ★★★
糖質制限レベル ★★

スポンサーリンク

松屋はご飯を塩だれ湯豆腐に変えられる!

基本的に、糖質制限中は、
ご飯や麺、パンなどの炭水化物は極力控える形になります。
 
私が通っているパーソナルトレーニングジムでも、
「1日の糖質を20gに抑える」という食事制限を行っていまして、
 
これってかなりハードな糖質制限なんですね。
 
※ご飯茶碗1杯・・・約55g
 
(↑笑うしかないですw)
 
んで、そうなってくると
ご飯がたいていセットになっている定食系のメニューはまず避けるべきなのですが、
 
松屋さんには「ご飯を湯豆腐に変えられる」サービスがあるんです。
 

 
こんな感じで、+50円でご飯を塩だれ湯豆腐に変更することができます。
 
これにより、糖質をぐっと抑えることができるわけですね!

スポンサーリンク

松屋の定食の糖質制限おすすめ度は・・・?

で、塩だれ湯豆腐の肝心の味ですが、
見た目ほど味が濃くなくて、すっごくあっさり食べることができます!
 
お肉にも塩コショウがしてあるので、
大根おろしとネギを乗せて、そのまま食べてもおいしくいただけますね
 
余計な味付けをしなくても十分美味しいので、
糖質制限もそうですけど、良い感じに塩分も抑えることが出来そうです
 
さてさて、
このメニューの糖質制限おすすめ度ですが、
 
トレーナーさん曰く、「あんまりオススメできない」とのことでした 汗
 
ですが、健康維持のために、緩い糖質制限を行ってる方にはかなりいいと思います。
 
あくまで、ダイエット等の目的で
「1日の糖質20g」のようなガチガチな糖質制限をしてる方にはあんまり向かないとのことでした
 
というのも、
この定食、湯豆腐にせず、デフォルトの状態でいただくと
1食で約96gの糖質を摂ることになってしまうんですね
 
先ほど、「お茶碗1杯のご飯の糖質は約55g」とお話ししましたが、
これをお豆腐に変えたとしても、差し引き41gの糖質を摂ってしまう計算になるんですよ 汗
 
湯豆腐にも多少なりとも糖質は含まれてますから、トータルで見ると46gくらいになってしまうかなと。
 
そうなると、1日の糖質20g制限の方は、
1食で軽くオーバーしてしまため、このメニューは向かないというのがご理解いただけたかと思います。
 
ただ、ダイエット等を行っていない方に関しては、
1日の糖質摂取量の目安が、女性:270g、男性:330g(デスクワーク等で運動が少ない方の場合)とされてますので、
 
夜に飲み会が控えてる日など、

 

 
お昼の糖質を少し押さえたいな~
 
↑というときにはとっても重宝するメニューだと思いますよ!
 
湯豆腐変更をつけても650円と、ワンコインちょっとで済むコスパの良さも嬉しいポイントですよね♪
 
ぜひ、生活スタイルに合わせて活用してみてください!
 
 
 

・・・ただ、一日の糖質量20gって改めてとんでもないですねw

まとめ

今回は、松屋さんの糖質制限メニューをいただいてきました!
 
ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿はこちら
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

ブログランキングに参加しております!
クリック、大変喜びます♪

人気ブログランキング

提携サイトさま♪

Trip-Partner さま

ぷらたび さま